ホーム 販売 飼育受託 技術受託 オゾン関連 実験動物輸送 訓練用モデル
微生物モニタリング
comapny
微生物検査成績書微生物検査成績書
微生物検査成績書をPDFにて掲載しています。
検疫業務の内容について検疫業務の内容について
1.動物の観察
実験動物の飼育・繁殖・実験などにおける当該動物の健康を管理する上で、日常的な、動物の摂餌・摂水・糞便・尿・体毛・体温・呼吸音などの観察を行います。

2.感染の防止
感染症の予防と早期発見には、これらの日常的観察と共に必要な微生物学的検査を行います。
とりわけ、施設外からの動物の搬入には、汚染動物の持込を防止する観点から搬入元の検査体制や微生物学的検査成績を吟味し、必要な搬入時検査を行います。

3.定期微生物モニタリング検査
つくばラボでお預かりしている実験動物の定期微生物検査を実施しております。

4.感染症対策
もし感染症が疑われた時には、隔離・淘汰などにより汚染の拡大を防がなければなりません。
この対策を行うとともに、追跡調査により感染拡大の有無や擬陽性への対応も行います。

5.検査精度の向上
微生物学的検査体制を、より高度なものに対応し、より信頼性を高めるために、高感度・高精度の検査方法の検討導入を行います。

6.情報の収集
新興感染症や新たな検査方法および検査における問題点などに関する情報収集を行い、対応できる体制を整備し続けていきます。
微生物検査項目微生物検査項目
つくばラボにて微生物・原虫・寄生虫を対象に定期検査を実施しております。
血清反応
検査項目   マウス ラット
センダイウイルス Sendai virus
マウス肝炎ウイルス Mouse hepatitis virus  
唾液腺涙腺炎ウイルス Sialodacr yoadenitis virus  
ティザー菌 Clostridium pilifome

リンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス

LCM virus  
エクトロメリアウイルス Ectromelia virus  
ハンタウイルス Hanta virus  
肺マイコプラズマ Mycoplasma pulmonis

培養
検査項目   マウス ラット
肺マイコプラズマ Mycoplasma pulmonis
サルモネラ Salmonella spp.
腸粘膜肥厚症菌 Citrobacter rodentium  
ネズミコリネ菌 Corynebacterium kutscheri
緑膿菌 Psedomonas aeruginosa
気管支敗血症菌 Bordetella bronchiseptica  
肺パスツレラ Pasteurella pneumotropica
肺炎球菌 Streptococcus pnemoniae  

鏡検
検査項目   マウス ラット
消化管内原虫 Intestinal protozoa
外部寄生虫 Ectoparasits
蟯虫 Pinworm
必要に応じてヘリコバクターの検査を実施しています。