ホーム 販売 飼育受託 技術受託 オゾン関連 実験動物輸送 訓練用モデル
無菌マウス作出・維持
comapny
堅固なセキュリティと完璧な飼育環境により、お客様の貴重な実験動物および試験データをお守りすると共に信頼性の高い実験をお約束いたします。
また、非常用発電の完備により、急な停電にも飼育環境を変化させることなく、維持することが可能となっています。
飼育環境
項目
基準値
温度 飼育室 : 20 ~ 26 ℃ (23±3℃)
湿度 飼育室 : 45 ~ 65 % (55±10 %)
差圧 5 Pa以上(飼育室内と廊下との差圧)
照度 130~325 Lx(ケージ内照度) 
照明時間 点灯: 7:00 ~ 19:00 (12時間)
消灯: 19:00 ~ 7:00 (12時間)
騒音 85dB以下
換気回数 10 回 / hr
塵埃 クラス10,000(動物が飼育されていない飼育室内)
臭気 アンモニア濃度20ppm以下
レンタルラボの利用方法レンタルラボの利用方法
クリーンアップの評価
  • お客様による動物実験の実施が可能となります。
  • 各種測定機器等の弊社施設への持ち込みが可能となります。
  • クリーンなエリアに飼育室6室、実験室1室を用意しております。
  • 実験室に有線LAN回線を設備しております。
充実のサポート体制充実のサポート体制
充実のサポート体制
  • 専門スタッフ(実験動物技術者1級・2級)が以下の業務を全面的にサポートいたします。
  • ケージ交換、給餌・給水、清掃消毒などの飼育管理業務全般をサポートいたします。
  • 体重・摂餌・飲水量測定、一般状態観察、投与、剖検、手術など各種実験手技を代行いたします(実験手技に関しては別途費用が必要となります)。