ホーム 販売 飼育受託 技術受託 オゾン関連 実験動物輸送 Mimicky®
オゾンくん蒸
comapny
設定条件
オゾンくん蒸設定
オゾンくん蒸設定
オゾンくん蒸設定
1.設定条件
  • ①CT値(オゾン濃度×くん蒸時間):72000~90000
    【くん蒸時間:6~7.5時間】
  • ②濃度:200ppm
  • ③湿度:90%

2.殺菌指標
バイオロジカルインジケータ(Bacillus atrophaeus MesaLabs社製)を使用し、殺菌されたことを確認することができます。

3.操作方法
  • 設定された条件で全自動運転を行い、くん蒸条件を記録することが出来ます。
  • 【加湿⇒オゾンくん蒸⇒オゾン分解(酸素に分解)⇒停止】

4.設置面積
  • HZ-100/台で150m3程度のくん蒸が可能です。
オゾンくん蒸の有用性
1.殺菌力
  • Bacillus atrophaeus 105菌を死滅させることができます。

2.安全性
  • ①オゾン特有の臭いがあり、万が一漏れた場合でも確認が出来ます。
  • ②くん蒸中の停電で緊急停止した場合でも、くん蒸途中からの再運転が可能です。 
  •  
3.最大のメリット
  • ①くん蒸後、すぐに動物の飼育が可能です。
  • ②窒素酸化物を発生させないため環境にやさしいです。
オゾンくん蒸業務の流れ
オゾンくん蒸業務の流れ図